b561f3_7ae98546db244e10bfc4b781425b8aa6_mv2_edited_edited.jpg

​近江シンフォニエッタ

近江シンフォニエッタは、滋賀県発の国際的な音楽文化・芸術の振興と、音楽による社会教育の推進を目指す、滋賀県を活動の中心とした、コンパクトで機動的なプロフェッショナルアンサンブルです。

usui-684x1024.jpg

​ゼネラルマネージャー 碓井 俊樹

東京藝術大学附属音楽高等学校および同大学を経て、ザルツブルク・モーツァルテウム芸術大学で研鑽を積む。ヴィオッティ国際音楽コンクール入賞、オランダミュージックセッションにてドネムス演奏賞(現代音楽最優秀演奏賞)、ウィーン現代前衛芸術団体TAMAMUより現代芸術特別賞、カントゥ国際音楽コンクール優勝など数多くの受賞歴を誇り、各国の国際音楽祭出演を通じて世界的な演奏家と数多く共演。国内外のオーケストラのソリスト、国際音楽コンクールの審査も務め、ウィーンを拠点に40カ国以上にて演奏活動を行い、CDリリースも20枚を超えている。横浜シンフォニエッタ代表理事/ゼネラルマネージャー、近江シンフォニエッタゼネラルマネージャー、日本香港音楽協会理事長(香港)、El Sistema Connect理事、平成29年度外務大臣表彰「音楽を通じた日本とアルジェリアとの相互理解の促進」について受賞、2019年ジョージア共和国シグナギ市名誉市民の称号を得る、ジョージア共和国/作曲家バーシャ アザラシヴィリ氏の全世界での著作権管理を全権委任される、2020年第3回種田山頭火賞を受賞、兵庫県豊岡市’おんぷの祭典’音楽監督、長野芸術文化振興協会音楽監督、尚美学園大学/大学院客員准教授を経て上野学園大学客員教授にて後進の育成にも力を注いでいる。

Ryusuke Numajiri 1_edited.jpg

​アドバイザー 沼尻 竜典

びわ湖ホール芸術監督、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア音楽監督。

1990年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。以来、ロンドン交響楽団、モントリオール交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル管弦楽団、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、トリエステ歌劇場管弦楽団、シドニー交響楽団、チャイナ・フィルハーモニー管弦楽団等世界各国のオーケストラに客演を重ねる。国内ではNHK交響楽団を指揮してのデビュー以来、新星日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団、日本センチュリー交響楽団のポストを歴任、さらにドイツではリューベック歌劇場音楽総監督を務めオペラ公演はもちろんリューベック・フィルとのオーケストラ公演でも数々の名演を残した。

自ら結成したトウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア(旧トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ)との活動は三鷹市芸術文化センターを拠点に20年を超え、「ベートーヴェン交響曲全集」をはじめ数々の録音も高く評価されている。オペラ指揮者としては1997年に《後宮からの誘拐》でデビュー、近年では、ケルン歌劇場、バイエルン州立歌劇場、ベルリン・コーミッシェ・オーパー、バーゼル歌劇場、シドニー歌劇場等へも客演。また、びわ湖ホール、リューベック歌劇場でも数々のプロダクションを成功に導いている。2011年夏にはサイトウ・キネン・オーケストラへデビュー、バルトーク≪中国の不思議な役人≫で成功を収めた。

2014年1月にはオペラ《竹取物語》を作曲・世界初演、国内外で再演されている。

2017年紫綬褒章受章。

Mitsuru Nakatani(1)_edited.jpg

事業アドバイザー 中谷 満

滋賀県大津市出身。1973年京都市立芸術大学音楽学部打楽器科卒業。同年大阪フィルハーモニー交響楽団に入団。1977年より一年間、旧西ドイツ国立芸術大学に留学。ベルリンフィル首席ティンパニ奏者W.テーリヘン氏、及び国立ベルリン・ドイツオペラ管弦楽団首席打楽器奏者K.キスナー氏に師事し、ベルリン放送管弦楽団・ベルリン・ドイツオペラ管弦楽団などに出演。帰国後、大阪フィルに復団。
1991年パーカッションアンサンブル「シュレーゲル」を主宰。オーケストラの演奏の他、数多くの室内楽や協奏曲の演奏を行う。特に師であるW.テーリヘン/「ティンパニ協奏曲」を長年にわたり紹介。
1995年関西打楽器協会フェスティバルにて、W.テーリヘン指揮でW.テーリヘン/「ティンパニ協奏曲」共演。
2008年大阪フィルを退団、相愛大学打楽器教授に就任。

現在相愛大学音楽学部、相愛大学大学院音楽研究科教授。

2018年滋賀県文化賞受賞。